Success Boy's Diary

ごく一部身内に大好評のブログですが、単なる備忘目的的日記です。

夜釣りに行きました
日が暮れてから、どんぐり君と一緒にいつも行く場所へタチウオ釣りに行きました。

ウキや針などの釣り道具とエサは、釣り場近くのお店で買いました。

今回は夜7時前から9時まで釣っていましたが、結局今日ももさっぱりでした。

ピクリともあたりはありませんでした。

周りには6,7人の釣り客がいましたが、誰も釣っていないようでした。

どんぐり君は8時半くらいから眠たくなって、車の中で寝てしまいました。







 
| その他 | 21:43 | comments(0) | - |
みんなで魚釣りに行きました
今日は朝9時から、いつも行く家から車で20分ほど離れた岸壁でみんなで魚釣りをしました。

アジのサビキとキスの投げ釣りです。

しかし結局午後1時くらいまで釣っていたのですが、結局今日も何も釣れませんでした。






| その他 | 21:06 | comments(0) | - |
魚釣りに行きました
仕事帰りに職場から車で15分ほど行った所にある海岸で、アジのサビキをしました。

しかし釣れたのはそこそこの大きさのフグ一匹だけでした。

フグだと食べるわけにもいかず、その場でリリース。

夕方五時くらいから八時ぐらいまで釣っていましたが、無駄骨でした。


職場の人と一緒に釣りました。右下の人がその人です。

| その他 | 22:27 | comments(0) | - |
魚釣りに行きました
昨日に引き続き今日も朝からいい天気でした。

そして昨日は登山でしたが、今日はどんぐり君と一緒に海へ魚釣りへ行きました。

魚釣りは前々からのどんぐり君のリクエストです。

サビキで小さな魚を19匹釣ったのですが、意外と面白く楽しめました。

魚釣りの後はすぐそばにある温泉に入って家に帰りました。


エサをセットするどんぐり君
| その他 | 19:24 | comments(0) | - |
ラグビー ジャパン
今夜ワールドカップラグビーで日本対スコットランドの試合があります。

試合は夜10時半からあるようですが、わたしはどんぐり君と一緒にその時間寝てしまっているのでたぶん見ることは出来ません。

日本はせっかく南アフリカに勝った直後なので、今夜もぜひ勝って日本の力を世界に示してほしいものです。

そしてその試合に先だってどんぐり君は日本チームにエールを送るため、五郎丸選手のルーチンをしました。

しかし見た目には単に「カンチョー」をしている風にしか見えませんでした。

| その他 | 21:18 | comments(0) | - |
庭でキャンプをしました
先日購入したテントが問題無いかを確認するために、自宅庭でどんぐり君とキャンプをしました。

安いテントの割にはなかなか良い物で、特に問題はなさそうでした。




| その他 | 18:59 | comments(0) | - |
よしもと新喜劇を観に行きました
京都の祇園花月によしもと新喜劇を観に行きました。

実際に新喜劇を観るのは今回が初めてです。

新喜劇は40年くらい前にテレビでよく観ていましたが。

当時は毎週土曜日と日曜日の午後にやっていたと思います。

土曜日は学校が半ドンで、家に帰ってご飯を食べてからいつも観ていたのを記憶しています。

もっとも話のパターンはいつも同じでしたが。

その時の出演者は岡八朗、花紀京、木村進、淀川五郎、山田スミ子、船場太郎などなどで、新喜劇の黄金期ではなかったかと思います。

ところで京都の花月はてっきり新京極にあると思っていたのですが、実際は祇園にありました。

そこでネットで調べてみるとわたしが京都に住んでいて東京へ引っ越した1年後に新京極の花月は閉館になったようでした。

そして2011年に今の所で再開したようです。

今日観た新喜劇の出演者の中でわたしが知っている人は月亭八方とMr.オクレさんだけでした。

あとの人は全く知りませんでした。

しかし十分面白く楽しめました。

はっちゃんもどんぐり君もゲラゲラ笑っていました。

二人ともまた観たいと行っていましたので、次回は大阪の花月へ行こうと思います。

今回は大阪は予約が一杯でチケットが取れませんでした。






はっちゃんはかみさんの真後ろに隠れています。


前説のヘンダーソンさん。左氷川きよし似だそうな。
| その他 | 21:13 | comments(0) | - |
永久保証
SDカードなどのメモリーカードは、商品説明の中で「永久保証」と書かれているものがよくあります。

しかしその「永久保証」する会社が永久に存続する保証はどこにも無いのに、どうやって永久保証するのかよくわかりません。

普通に考えて永久に存続できる会社(永久に存続が保証されている会社)は一社もありません。

日本だって永久に続くことは無いかもしれません。

こういう広告ってどう考えても矛盾していて、誇大広告というかインチキなものだと思います。

そして永久・永遠ということ・物は宇宙にすら存在しないものかもしれません。

少なくともそれらを証明することは不可能です。

※「永久」の意味 三省堂大辞林より
  いつまでも限りなく続くこと。時間の果てがないこと。また,そのさま。とこしえ。永遠。




| その他 | 20:13 | comments(0) | - |
九州・山口の近代化産業遺産群
九州・山口の近代化産業遺産群が、先日ユネスコ諮問機関イコモスによって、世界遺産登録を勧告されたというニュースがテレビで何度も何度も繰り返し放映されました。

その中には地元山口のものも含まれていたので、本来ならば大変喜ばしいことではあるのですが、それと同時に世界遺産の趣旨とニュースとが大きく外れていて毎度ながら違和感を感じます。

例えば、登録を勧告された後の地元のインタビューで「これで観光客がより多く訪れるようになって町が活性化します」とか、ある店主は「お客さんが増えるので売り上げ増が期待できます」などと喜んでいました。

あるいは、とある市の観光課に登録勧告の一報が電話で入り「ありがとうございます」などと言っておじぎをしている映像もありました。

これらはだいたいいつものというか、わかりやすい反応です。

そしてそういう反応も無理からぬことで十分理解は出来ます。

しかし世界遺産登録の本来の目的は地域の活性化とか、地域経済の向上とか、それらとはおそらくまったく関係ないものだと思います。

あくまで普遍的な価値がある建物、文化、自然などの保全保護が目的のはずです。

結局世界遺産というと日本の場合、おそらく他国も似たり寄ったりだと思いますが、観光資源と捕らえられる場合がほとんどです。

世界遺産という箔が付くと、とたんに観光客が増加するわけです。

尤も、その世界遺産を知ってもらうという点ではもちろんいい面もありますが、後先のことを考えずに安易に登録を進めて実際に登録されると結果、観光客が増えたばっかりに破壊が進むこともあえります。

そうなるとまったくの本末転倒です。

特に自然遺産関連のものは、世界遺産に登録されたらむしろ今まで以上に観光客の数を厳しく制限し、保護する必要がある場合も多いのではないでしょうか。

この場合必ずしも世界遺産=観光ではないはずです。

二番目に感じる違和感は、なぜ世界遺産登録申請を対象国の方からするのか、ということです。

本来ならユネスコが、それぞれ失われそうな危機にある遺産を世界遺産登録にするリストを作成して、その対象国に申請するべきなのではないかと思います。

そしてその対象国に資金や技術、人などが不足して保全する能力が欠けている場合、ユネスコがそれらを補うというのが自然な流れなのではないでしょうか。

そうでなければいかに普遍的価値のある遺産があろうとも、その国なりが申請をしないかぎり世界遺産にはならず、保全保護されないこともあり得るわけです。

今のシステムだとそれぞれの国が世界遺産登録を申請して結果、登録された、されなかったと一喜一憂しています。

実に滑稽です。

しかも多くの場合先ほどの観光や商売が第一目的なのです。

三番目の違和感は、その国で出来る遺産の保全保護をなぜその国に任せないのかということです。

日本の場合、例えば国宝の神社仏閣は世界遺産に登録されようがされまいが、日本という国が続く限り保全保護される確率は100%とは言えないまでも、かなり高いものが期待できます。

何でわざわざ世界遺産に登録しなければならないのか、本来の目的という意味で、意味がわかりません。

特に先進国の場合、自国で保全保護できる遺産は多いのではないでしょうか。

価値があるからとなんでもかんでも世界遺産に登録する必要があるのでしょうか。

四番目の違和感は、世界遺産の目的が本当に保全保護ならば、失われる可能性の高い緊急性のあるものから順に世界遺産に登録されるべきです。

すでに登録されている世界遺産で、イエローストーン国立公園、ベルサイユ宮殿、ノートルダム大聖堂、タージ・マハル、自由の女神像、ウェストミンスター宮殿・寺院、万里の長城などなどがありますが、世界遺産の趣旨からすれば後回しで良かったのではないでしょうか。

五番目の違和感は、果たしてユネスコが世界遺産の保全保護にどれほど実効性があるかということです。

2012年シリア内戦で世界遺産の古代都市アレッポが砲撃で破壊される映像をテレビで何度も見ました。結果街の大半が失われ、ユネスコは結局何の役にも立ちませんでした。

当時ユネスコから何らかの声明があるのかと期待していましたが、自分が知る限り何も無く、むなしく街の破壊が続いていました。

以上のように、わたしはユネスコという組織には非常に懐疑的です。世界遺産登録もモンドセレクション金賞もあまり変わらないのではないでしょうか。

そして今回最も一番違和感を感じたことは、世界遺産登録を勧告されただけで実際に登録もされていないのにニュースや新聞の一面で報道されて大騒ぎしていたことです。

ぬか喜びということもありますから。
| その他 | 11:27 | comments(0) | - |
車検に出しました
午後からかみさんが普段乗っているフィットを車検に持って行きました。

今度で5年目の車検で、前回はディーラーに出しましたが、今回はいつもの速太郎です。

前もってタイヤ、バッテリー、エアクリーナー、エアコンクリーナー、発煙筒、ワイパーなどを交換し、左右フロントドアガラスに貼ってあったクリア断熱フィルムをはがしておきました。

走行距離は8万3千キロほどでしたが、検査の結果悪い部分は特になく、ブレーキフルードの交換とリアブレーキのメンテナンスのみで終了しました。

かかった時間は45分くらいで、費用は6万8千円くらいでした。

タイヤを手組で交換するのはともかく、それ以外のパーツ交換は簡単に出来るので、ディーラーなどで交換してもらうのはばかばかしいです。

パーツ交換費用は、自分ですればだいたい半分以下で済みます。


午前中はどんぐり君と灯油を買いに行き、ガソリンも入れました。
| その他 | 19:05 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
スポンサード リンク